images-1

トレーダーとしての熟練度を上げる。


 

 

みなさんこんにちは。UNITED FX JAPANの浅井です。

 

最近、セミナーを中心に「トレーダーとしての熟練度を上げる」という話をよくします。というのも、なぜか投資に関してだけは簡単に成功すると考えている人がとても多いからです。世間に溢れている「2か月で資金が3倍に!」とか「明日から不労所得!」と言った広告の影響かも知れません。本当にそんな話が存在すると思いますか?もし存在するなら、世界的に有名な投資家が1000億単位で預けるのではないでしょうか?それが可能なら、発展途上国はあっという間に先進国になるのではないでしょうか?

 

FXの世界では99%以上の人が負けていると言われています。そのような世界で勝てる1%に入るためには、トレーダーとしての熟練度を上げなくてはなりません。すべての勉強は「熟練度を上げる」という事に繋がっているべきなのです。

 

熟練度とは?

 

では熟練度とは一体なんの事でしょうか?広辞苑には「熟練している度合いであり、技術や身のこなしについての熟度」と書いてあります。つまり、料理の世界で言えば、あらゆる調味料を目分量で入れても美味しくなる人と、すべてを丁寧に測って入れても美味しく作れない人の違いという事ですよね。スポーツの世界でも科学の世界でも、ビジネスの世界でもこの「熟練度」は同じように存在しています。

 

しかし、先述したように、トレーダーだけが熟練度と無縁の所でギャンブル的に買った負けたを繰り返しているように見えます。もちろん全員ではないと思いますが、なぜ簡単にできると思われているのかが謎です。確かに、他の世界に比べて楽な事は確かです。料理人の例を上げましたが、シェフの方が一人で稼げるようになるためには、以下のような手順だと推測します。

 

1、一流の元で修行し、とにかく熟練度を上げる
2、責任ある立場になり、その責任をまっとうする事でさらに熟練度を上げる
3、オリジナルのメニューを考案する
4、独立し、店舗を構える
5、結果を出す

 

これに対して投資はというと、1と5しか必要ない訳です。確かに他の世界より楽に見えますよね。にも関わらず、なぜか1さえやらない、出来ないという方がいます。その結果、熟練度が上がらないまま、ただ感覚的なトレードに終始するのですから、結果がついてくる訳がありません。

 

そして、多くの時間と資金を失ってしまうのです。ただ勉強すれば良い訳ではありません。熟練度を上げるという事に繋がっていない勉強は意味がないのです。だからこそ、すでに熟練度が高い人から教わるのが近道ですよね。ただ勉強すれば勝てるようになる、という人もいますが、私は違うと思います。どんな勉強をどんな風に取り組んで、その結果どのように熟練度が向上したのかが大切であり、それが結果に繋がるのです。100冊の本を読むより、一流と10分会話する方がためになる事もあるのですから。

 

これは何も投資に限った話ではありません。どうかトレーダーのみなさん、一度、自分の熟練度とそれをどのように上げていくのかについて、考えてみてください。

 

 

 

コメントを残す