The-phenomenon-of-falling-in-love3

勝ち続けるための究極マインド


 

 

UNITED FX JAPANの浅井です。

最近いただくメールに、マインドの事が良く書かれています。

 

マインドがブレる事はないのでしょうか?
マイナスとどう向き合っていますか?
勝てている時のマインドで安定させたいのですが…。

 

FXの結果とは、単純に資産が増えたか減ったかということではありません。そんなのはただの数字がプラスかマイナスかということだけです。

 

「負け」の定義を持っていますか?

 

では負けの定義とはなんでしょうか?結果がマイナスであれば負けでしょうか?その定義は人によって違います。結果がマイナスだったら負けというのは世間が決めた定義なのです。あなたの定義はなんですか?

 

相場にはマイナス以上の収穫が存在している

 

私の場合、マイナスがついてもそれ以上の収穫をいつも手に入れています。だからこそ、マイナスがついた時もプラスと同じくらいのワクワクを持っています。もっとよくなる為のヒントをそこから貰う事ができるとわかっているからです。マイナスだった場合というのは、相場が私に「そうじゃないよ!」と教えてくれている訳ですよね。でも自分のトレードには自信があるので、「ここまで精度が高いのに、さらに修正するポイントがあるならより高みに行ける」というワクワクがあるのです。マイナスはその修正点を常に指摘してくれていますから。

 

勝ちマインドの中では負けなど存在しない

 

次の勝ちにつながるマイナスは負けではありません。もっとよくなる為のマイナスは必要だったマイナスです。そしてよくなり続ける事ができれば、欲しいものは必ず手に入れる事ができます。

 

私にとっての負けの定義は収穫なき負けです。しかし収穫なき負けなど存在しないと思っています。その意味において、私は永遠に負ける事がありません。なぜなら、どんな結果だとしても、そこに意味を与えてそれを収穫とするかどうかは「自分で自由に決められる事」だからです。

 

これはただの言葉遊びではなく、本気でそう思っています。プラスでもマイナスでもどっちでもいいんです。両方が私をよりよくするためのものだと思ってるからです。つまり、私の中には「勝ち」か「勝ちと同等の価値あるもの」の二つしか存在しません。

 

勝ち負けを数字から解放しよう

 

このマインドが、マイナスを恐れずにトレードを行える基盤となっています。この基盤はマイナスが何度も続いたというような状況でも揺るぎません。すべてが自分の為にあると思えば良いのです。実際、そうなんですから。

 

資産が減っただの増えただのそんな事はただの途中経過であり、そこから結果を導き出す方法は人により異なります。だから、どうか小さな枠に自分をはめ込まないで下さい。途中経過で一喜一憂しないでください。

 

勝ち続けるためのマインドとは、プラスやマイナスの数字から解放をされた所に存在します。

 

あなたは負けトレーダーなんかじゃない

 

今現在、自分を負けトレーダーだと思っている方々へ。あなた方は負けトレーダーなのではなく、ただ人よりマイナスが多いトレーダーなだけです。そしてそれはなんら否定的な状況ではありません。そこから多くを学んでいますか?もしマイナスがつくたびに良くなってると思う事ができるなら、あの時たくさんマイナスをつけておいて良かったと思える日が必ずきます。

 

もし良くなってると思えないなら、どうか一瞬でもそう考えてみて下さい。ただ悲観的になるのではなく、次への学びを見つけて下さい。そのヒントは、あなたが気がつくのをそこで待っているはずです。

 

そして、そのヒントに気が付いたらこう思って下さい。さっきまでの自分より良くなってる、と。その瞬間から、あなたは負けトレーダーではありません。

 

次にトレードする時はもう8月です。新しく生まれ変わったマインドで取り組んでみてください。

 

またお会いしましょう。

 

 

 

コメントを残す