photo_memory-300x140

負けトレーダーが勝ちトレーダーになるまで


 

 

UNITED FX JAPANの浅井です。

 

職業柄、どうすれば勝てるトレーダーになれるのか?という質問をいただく事があります。ドウスレバカテルノカ…。

 

負けトレーダー → 負けないトレーダー

 

仮にあなたが負けているトレーダーだと仮定しましょう。「負ける」という事には必ず原因があります。それが毎回の負けであっても、勝ち負けを繰り返して月トータルではマイナスであっても、年間でのマイナスであっても、です。

 

まずはその原因を探る事から始まります。明確にしておきたいのは、負けトレードを後悔する事と、原因を受け止める事はまったく異なる事です。後から「なぜあんな所でエントリーしてしまったのだろうか…」と嘆く事は誰でもできますが、本当の意味でそれを次に活かすためには原因を突き止めねばなりません。

 

そういう試行錯誤や検証の末、ようやく原因にぶち当たるのです。そしてそれを順序良く取り除きます。それが完了したとしても、まだ勝てるトレーダーではありません。それは負けないトレーダーになっただけなのです。しかしそれは誰もが必ず通る、価値ある一歩です。

 

負けないトレーダー → 勝てるトレーダー

 

負ける原因を取り除いたら、次は勝つ為の具体的なプラン構築です。トレードバランスを整え、手法の理解度を深め、勝つトレードに必要なマインドをセットし、現実的で達成可能な目標を立てましょう。これができれば、兼業トレーダー(セミプロトレーダー)と言っても差し支えないトレードが日々できているはずです。しかし、まだ相場が変動した時の臨機応変な対応という所までは思考が及ばないと思います。それは経験値の問題です。

 

勝てるトレーダー → 安定的に勝てるトレーダー

 

勝てるという成功体験を確認できたら、次はその安定度です。勝った負けたを繰り返して、月で見たらちょっとプラス。これは定義的に考えれば勝てるトレーダーですが、プロトレーダーのレベルではありません。毎月コンスタントに勝ち続ける為には、自分のトレードバランスを熟成させるだけの期間と経験が必要です。経験とは、ただ長い時間を費やすという意味ではありません。経験には悪い経験と良い経験があり、それぞれ積み方が異なります。

 

悪い経験とは、トレードを行い、結果を見て良かった悪かったというような浅い部分での評価しかせず、すぐに次のトレードに移行するものです。これはほとんどの場合、何も身になっていないです。

 

逆に良い経験とは、トレードの前にプランを立て、その通りにいくのかいかないのか、いかなかったのなら何が原因か、終わったトレードに対して運の要素が強いのか実力の要素が強いのか、新しい教訓を見つけられたのか、どうやって総括するかなど、自分なりの「見解」を持つ事です。その毎日が数ヶ月後の自分を作ります。これが出来ていれば、安定的に勝てるトレーダー(プロトレーダー)が見えてきます。

 

階級飛ばしは出来ない

 

負けトレーダーがある日突然、勝てるトレーダーにはなれません。この順番を破ると、後で大きなしっぺ返しがやってきます。負ける原因を取り除かないまま、運の要素で勝ってしまっただけだったとしたらどうなるでしょうか。

 

想像してください。本人はこれで大丈夫だと思って、検証が不十分なのにも関わらず本口座に大金を入れてしまったら、おそらくその資金はもう戻ってこないでしょう。

 

自分が今どの位置にいるのかを想像し、確認してください。そうすればおのずと次に目指すべきトレーダー像が浮かび上がってくるはずです。そしてそこには、原因と改善点が必ず存在しています。

 

焦らず一つ一つ解決するようにしましょう。

 

 

 

コメントを残す