広告

UNITED FX JAPANは詐欺なのか?


 

 

UNITED FX JAPANの浅井です。

 

いきなり刺激的なタイトルなので関係各位は驚いたかも知れません笑。まぁUNITED FX JAPANとGoogle検索するとですね、当然ながらUNITED FX JAPANや私に対しての否定的意見が多数存在します。

 

世の中は広く、それが例えブッダやキリストであっても否定的意見を持つ方は存在しますので、私ごときがいちいち疑われる事に対して目くじらを立てる必要もないとは思うのですが、批判的意見だけを参考にされて、将来出会うはずの方々と出会えなかったのではお互いにとって良い事がないので、「反論」ではなく「回答」したいと思います。

 

ボイストレーナーがなんでFXやるの?

 

はい来ました笑 まぁこれは普通に考えても疑問に思う所ですので、動画では説明してますが一応ここにも書いておきたいと思います。

 

私は元々シンガーで、CDも出版してます。現役を引退してからはWORLD VOICEというボイススクールでボイストレーナーになりました。(役職はボイスデザイナー)。WORLD VOICEの夢は「世界で活躍できるシンガーを輩出する事」です。私自身もWORLD VOICEの夢に共鳴しています。しかしボイススクールは黒字であっても、ビッグビジネスではありません。そのため、スタジオを作る資金や海外遠征の渡航費を定期的に捻出するため、他から資金を調達する必要がありました。そこで参入したのがFXです。そこでの研究、切磋琢磨が現在のUNITED FX JAPANの礎となっています。ですので、基盤はWORLD VOICEの中でFXに今日を示した人間たち、ということになる訳です。

 

ボイストレーナーと兼務しているのは私だけではありません。しかしそれは逆に、タイムマーチンがいかにして片手間でできるトレードなのかを証明していると考えています。UNITED FX JAPANに来る多くの方は仕事をしながら勉強される訳ですから。

 

スクールが勝てる方法を教える時点で詐欺?

 

「勝てる方法を教えてる時点で詐欺」と言い切るのもどうかと思いますが、UNITED FX JAPANの場合、その理由は明確です。それが、我々の夢に直結しているからです。FXスクールはなぜ勝てる方法を人に教えるのか?をぜひご覧ください。

 

ファンドトレーダーが酒好きで酔うなんてあり得ない

 

これは別にそこまで目くじら立てなくても良いと思うんでど…笑 もちろんポジション持ってる時は飲みませんよ。でも私は基本的に夜はやらないというスタンスなので(飲んでゆっくりしたいから)それで偽物扱いされても「そこですか!?」と逆に驚きます笑

 

どんな手法かと思えばマーチンですか。

 

はい、その通りです。世間では悪評が漂ってるマーチンでございます。違うものがご希望ですか?それは残念です。しかしマーチンを「極める」まで研究したことありますでしょうか?もしまだであれば、ぜひおすすめしたいです。もちろんマーチンだけが勝ち続ける方法ではありません。そもそも手法なんていくつか条件を満たしていれば何でも良いとさえ思ってます。UNITED FX JAPANが大切にしているのはあくまでトレードバランスなのですから。

 

浅井さんのアメブロを見たのですが、FXの事なんて一つも書いてなかった。

 

ま、あの、あれはシンガーとしてのブログですので、分けて考えて頂ければと思います。一応、アメブロオフィシャルなんですよ。更新してないけど。オフィシャルになる時って、どの立場から何を発信するかを契約するんです。なので途中から立場変えられないんですよね。更新してないけど。だって最近、教えてばっかりで歌ってないんですもん。

 

まとめ

 

WORLD VOICEの時もそうでした。新しい価値観を提供する時というのはクラシックな方々から反発を招くのです。しかし、同時に多くの方々に喜んでもらえているという事に意味や意義を感じております。

 

まぁ色んな意見がありますが、私は私の立場や肩書きを偽る事はしません。そして自分という人間を大きく見せるために嘘をついたりもしません。意味がないからです。私はシンガーであり、WORLD VOICEのボイスデザイナーであり、UNITED FX JAPANの講師であり、現役のトレーダーであり、他にもビジネス案件をいくつか抱える社会人です。

 

この記事を書いたのはただ単に「回答」したかっただけではなく、私が本当の事を言う人間なのかどうかは、誰かの意見ではなく直接私を見てご判断いただきたいという事を伝えたかったからです。そしてその上でどう判断されるかは個人の自由であり、私が何かを強要したりする事はありません。

 

自分の目が曇っているかどうかを決めるのは、自分しかいないのですから。

 

それではみなさまにお会いできる機会を楽しみにしています。

 

 

 

コメントを残す