USD-JPY-JAPAN-USA-DOLLAR-Yen

私がドル円しかやらない3つの理由。


 

 

UNITED FX JAPANの浅井です。

みなさんは通貨ペアを選ぶ時、何を基準に選びますか?

 

動きそうな通貨?スワップ金利狙い?指標がある通貨?

 

僕は基本的にドル円しかやりません。2年くらい前にユール円をやってましたが、最近は見てもいないです。トレード結果を見ていただければわかりますが、ドル円のみで充分目標を達成しています。

 

今回はその理由を解説します。

 

最も基本的な通貨ペアである

 

最も基本的な通貨ペアであるドル円は、当然相場に参加している人数が常に多い状態です。という事は、買いチームと売りチームが拮抗していますので、荒波のない、落ち着いた環境下にあると言って良いと思います。(指標時や黒田バズーカなどを除く)。この落ち着いた環境下でトレードできるという点が、非常に大きなポイントです。

 

勝つよりも負けないが大切

 

安定通貨であるドル円は、基本的に動きが少ない事が特徴です。という事は、大勝ちしない変わりに大負けもしません。そもそも僕は大勝ちを望んでいないので、大負けしないのであればその選択が最高です。

 

安定通貨の中で少し勝てばそれで充分な利益が出るので、充分だと考えています。ファンドトレーダーは何よりリスクを減らす事が重要な訳ですから。

 

運良く3週間で達成できたのなら、残りの1週間は遊んでいても良いのです。それくらいの心の余裕が合った方が、冷静で有利なトレードを展開できるでしょう。

 

売買ルールがドル円に対して最適化されている

 

僕がメインで使っているタイムマーチンという手法ですが、動画でも解説している通り、いくつかのルールがあります。そしてそれはすべてドル円に対して最適化されたものであるという前提があります。

 

もちろん、他の通貨ペアでトレードする場合は、その通貨ペアに最適化されたルールで行えば良いのですが、頻繁にルールを変更する事はあまり好ましくありません。なぜなら、人の心は簡単により多く取れる方へと流れてしまうからです。

 

それ以上を求める必要がないので、ルールを変更する必要もない。シンプルな状態をキープする事が僕にとっては良い事なので、ドル円のみでトレードしています。

 

ドル円とは、大軍 vs 大軍の合戦なので、足軽トレードの戦略に最も向いていると言えるでしょう。これがマイナー通貨ペアですと、少軍 vs 少軍の戦いになりますので、ちょっとしたきっかけですぐに戦況が変化してしまいます。足軽トレーダーとしてはゲリラ戦に徹せねばならず、非常に不利です。つまり、戦略がまったく変わってしまう、という事なのです。

 

複数の異なる戦略を持ちながら色んな通貨ペアを見るのは賛成できません。シンプルプランを確実に遂行する方が心理的負担が軽いし、行う事が的確で無駄がないからです。

 

以上、3つの理由を上げましたが、総括すると、ドル円以外の通貨ペアを必要としていない、という事になります。なので、新しい情報を必要とする事も、急なルール変更を迫られる事もありません。そしてそのゆとりが心の余裕の源になっています。

 

常に焦りながら何かを研究したり、没頭する方はこれを機に見直してみてはどうでしょうか?FXにおいて、冷静である事は多くの知識を得る事より重要なことです。

 

その心の状態を自分で作るのもまた、トレードバランスなのです。

 

 

 

コメントを残す