マインドセット

トレードバランス   ⑧マインド


 

 

UNITED FX JAPAN代表講師の浅井です。

 

さて、いよいよトレードバランスの最終章、

「マインド」です。

 

ここまでお付き合いいただきありがとうございます。

 

質問です。

あなたはトレード中に何を考えていますか?

どういう心境でそのトレードに臨んでいますか?

 

 

マインドとは心の余裕であり、

マイナスがついた時の冷静さであり、

落ち着いて相場を分析できる能力であり、

勝ち続けたとしても調子に乗らないブレーキです。

 

つまり、勝つため、勝ち続けるために必要不可欠な

トレードバランスの①〜⑦の根幹を成すものです。

 

ただしいマインドをセットできなければ

手法が優れていれも関係なく負けます。

 

ではどういったマインドがトレーダーには必要なのでしょうか。

 

これは非常に奥深いテーマですので、

カテゴリに「マインド」を追加します。

 

まずわかりやすい例から解説すると、

投資とギャンブルの違いです。

ギャンブルのマインドで投資を行うと失敗する確率が

非常に高まります。

 

買いなのか売りなのか。

それを決めるのはルールであり、危険な賭けに身を投じる

訳では決してありません。

 

ギャンブルの様にFXをやる方はどんどん熱くなります。

そしてビッグロットで買いを入れた時、こう思うでしょう。

 

「イケーーーーーーー」と。

 

 

そして下がったらこう思うのです。

「頼む!上がってくれ!戻してくれ!」

 

 

冷や汗をかきながら最後にはこうなります。

「お願いします!すみませんでした!」

「自分がバカでした!もうしません!」

「なんとかここは一つfwぜegwerおdxrgerhwねんngrstうぇerefqeふじこふじこ」

 

 

 

そして万が一勝てた時はこうです。

「いよぉし!さすが俺!」

おもむろにとるガッツポーズ。

 

 

 

さて、当然ですがこれはトレーダーとして最低の姿です。

あなたがトレーダーですと胸を張って言うなら、

何かに祈ってはいけません。

 

自分の冷静な判断以外のものに頼ろうとした時、

トレードバランスは崩れていきます。

 

そもそも、勝とうが負けようがどっちでも

問題ないという道を作っておくべきなのです。

「大勝ちか破滅」は完全にギャンブルです。

 

どちらでも問題ないという道の作り方がわからないなら、

まだビッグロットを入れられる段階ではないという事です。

トレードバランスの⑤ロットコントロール⑥手法

見直すべきでしょう。

 

このように、どういう心境でトレードに臨んでいるかで

何が足りないかが明確になってしまいます。

 

ルール通りに相場を分析し、

ルール通りにプランを立て、

入るべき所で入り、終わるべき所で終わる。

 

本当にこれだけです。

焦らない、熱くならない、ギャンブルじゃない。

 

トレードバランスの最終章、マインドについての解説でした。

このマインドに関してはこれからも掘り下げていこうと思います。

 

あなたにあったトレードバランス、

ぜひ見つけてください。

そして勝ち続けてください。

 

 

コメントを残す