images-3

トレードバランス   ②トレードスタイル


 

 

 

①ライフスタイルが決めれば、次は②トレードスタイルです。

 

ライフスタイルを検証してみていかがでしたでしょうか?

トレードする曜日、時間がある程度絞れたと思います。

その的を絞った時間はどのくらいありましたか?

1日数時間くらいは取れそうですか?

 

それによりとるべきトレードスタイルが決まります。

①スキャルピング

②デイトレード

③スウィングトレード

上記3つの中から自分に合ったスタイルを選択します。

 

①スキャルピングとは、超短期売買です。

1分足や5分足を参照して、

短ければ数分、長くても数十分でトレードを終えます。

早い分、1回のトレードで取れるPIPSは多くありません。

ですので、何度も勝負をかけて、PIPSを取っていくスタイルです。

 

②デイトレードとは、短期〜中期売買です。

UNITED FX JAPANが最も推奨するのがこれです。

タイムマーチンはデイトレードを前提に設計されていて、

早ければ10分くらいから長くて1日でトレードを終えます。

スキャルピングの場合はチャートから一切目を離せませんが、

タイムマーチンでれば離れても問題ありません。

むしろ、僕はほとんどチャートを見ていません 笑

1日数時間のトレード時間が見込めるなら、

デイトレードでタイムマーチンをおすすめします。

 

③スウィングトレードとは、長期売買です。

数日から数週間、場合によっては数ヶ月の「塩漬け」を行います。

ただし、資金が充分でない場合はお勧めしません。

予測と逆の方向へ行ったとしても長時間に渡って

耐えられる口座資金が必要になります。

 

いかがでしょうか?

おそらく、最も該当する項目として多いのが、

②デイトレードだと思います。

一部の上級者では時間がある日はデイトレードの手法で、

時間がない日はスキャルピングの手法、という方もいるようです。

 

ちなみに僕もそのタイプです。

ただし、僕の場合は時間がないからスキャルピングではなく、

「ここならわずかな時間で5銭取れる」と思うから

そうする訳です。ロットを上げれば利益は同じですからね。

 

ロットの話しは今後出てきますので

少しお待ちください。

 

あ、あとタイムマーチンもまだでしたね。

書くこといっぱい。

コメントを残す