スワップ金利


 

 

保有する通貨には「金利」が存在します。 ある通貨を買いうと1日ごとにその金利を得る事ができます。 ただし、金利が安い通貨を買うと、逆に払わなくてはなりません。 例えばドル円での取引だと仮定して、 円の金利は1円、ドルの金利は2円だとしましょう。 ドルの方が金利が高いので、ドルを買って1日保有すれば差し引き 1円の金利を得る事ができます。 しかし円を買った場合は逆に1円の金利を支払わなくてはなりません。 この金利のことを「スワップ金利」と言います。 スワップ金利は毎日変動し、証券会社によっても異なります。